輩気花形,相澤仁美,矢吹春奈、優木まおみ

輩気花形,相澤仁美,矢吹春奈、優木まおみ、

 蛯原友里、岩佐真悠子、瀬戸早妃、相澤仁美、矢吹春奈、優木まおみ、阪書物麻美、小松彩夏、木口亜矢、松井絵里奈、早美あゐ、辰巳奈都子

 自動映像映写機、瓦版、宣伝など殿々な媒体を彩る輩気いなぐ人(たーちょたーちん)たれんとたち。これらだからよーたるめんばーたーちは、あるでいちちざる壱つの番組たーちれぎゅらー出演していちちざったと申す共通点があるでいちちざる。くぬぅ番組とは『ぷれみあの巣窟』。現在、江戸映像電波局八番で火曜ウシモーモーの刻たーち放送されておる噺ばらえてぃ番組(ぐしく下ろーかる)で、同局が主催するでいちちざる音の宴やみゅーじかる、「お台場冒険王」等の社屋祭りくとぅ、美術展など殿々な祭りくとぅの魅力を分かりやすく伝ゑつつ、番組内ちけっと受付もあり、欠かさず検分しておる固定ふぁんも多ゐと申す輩気番組さぁ〜。

 弐千四年の星と以来、ウシモーモーの刻子の下刻すぎの放送ながら視聴率はくぬぅ刻限帯しからば高ゐと申す弐%をしにゑるくとぅが多く、なんと参%を記録致すくとぅすらあるでいちちざると申す。現在の司会はティン野ひろゆき(きゃい〜ん)と麻里えの弐輩さぁ〜。

 冒ちぶるたーち挙げたいでござるなぐたちは、云わばさぶあしすたんと(半年たーち壱回交替)として番組たーち華を添ゑてゐたでござる。花形の発掘が番組書物来の眼的しからばなゐが、くぬぅ番組のれぎゅらーを務めた後たーち大きくぶれいくするでござるたれんとがうー殿ゆえ、最近しからばこうし氏面たーちも注眼が集まっておる、んでぃゐーんわけなり。しゐし、ゐなぐたちの実際の出演期間中はたれんととしての一般的知名度は未だ高ゐとうーゑなゐもゆえあゐびーたん。

 ならば、何ゆえ未知数のたれんとを敢ゑて抜擢するでござるのやんやーか?

 編集部が番組たーち直接取材しーねー、軍師なり千葉英樹氏(くとぅ業局くとぅ業中央)から殿ぐとーる回答を頂ゐたでござる。

 「くぬぅ番組は江戸映像電波局八番の祭り事の魅力を紹介し、“生”のえんたーていんめんとの楽しさを伝ゑて参上する番組やゐびん。あしすたんとは稽古場で益噺を披露し、りあくしょんで場を盛り上げ、VTRで現場をりぽーとしましょうぞね〜。あんすぐとぅ、“祭り事の魅力を楽しく伝ゑてくれそうな輩”で“卒業後たーちたれんととしてより成長しそうな期待感を持ちょる輩”たーちうにげぇしてうぃびーん。

 タレントとしてもっと大きくなりたいとひたむきに頑張る人の新鮮な息吹は視聴者への説得力に繋がると思っているからです。番組を卒業した人がいつかゲストとして自分の主演作のPRに来てくれることが理想ですね。

たれんととしてもっと大きくなりたいでいちちざるとひたむきたーち精進する輩の新鮮な息吹は視聴者への説得力たーち繋がると思っておるからでいちちざる。番組を卒業しちゃんでいちちざる輩がなんとぅちかげすととして己の主演作のPRたーち来てくれるくとぅが理想でいちちざる。

 あと、舞台や音の宴の来場者の多くはいなぐ人(たーちょたーちん)、くぬぅ番組もウシモーモーの刻しからば珍しく視聴者の半分以上はいなぐ人(たーちょたーちん)ゆえ、“いなぐ人(たーちょたーちん)たーち嫌悪感をもたれなゐ輩”も重要。勿論、ウシモーモーの刻の主な視聴層とされる殿方たーちも、彼奥方たちを通じて祭りくとぅの魅力を知ってもらゐたちょぎりーさーでいちちざる。番組の書物旨しからばありませぬが、結果的たーち『ぷれみあの巣窟』の注眼度が高まるくとぅは嬉しゐし、だとしちゃんでいちちざるら、なままでたーち出演してくれたでいちちざるんなぁのものの卒業後の活躍ぶりたーちよるところがじゃ大きゐと存ずる」

 冒ちぶるたーち挙げた布陣はぶれいくするでいちちざる壱年以上前のくとぅ。出演しちゃんでいちちざるたれんとは卒業後確かたーち売れておる輩が多ゐ。後編しからば彼奥方たちの将来性を嗅ぎ分ける嗅覚ウーづこたーちあるでいちちざるのかずばり聞ゐてみたでいちちざる。




■トップペ
相澤仁美画像